ワカサギのボート釣りについて

ワカサギのボート釣りについて

このページではワカサギのボート釣りの楽しみ方〜仕掛けまで全般的なことを紹介しています。初心者から行き詰った中級者向けのことを書いています。

ワカサギのボート釣りのシーズン

早いところでは夏ごろからオープンしているところもありますが、やはり最盛期は紅葉が色付く秋です。湖に氷が張る頃まで楽しむことができる釣りです。それほど徹底した防寒対策がいらない時期のワカサギ釣りなので初心者にオススメの釣りでもあります。

ワカサギのボート釣りの竿

ボートでのワカサギ釣りは多種多様な攻め方ができるのが何よりの特徴です。
竿を考えてみても、やや長めの手巻きリール竿を使ったものが主流とはいえ、電動リール竿や手バネ竿でも十分楽しむことができます。特に初心者においてはルアー釣りで使用するトラウトロッド(ウルトラライト〜ライトモデルの竿)を使用した手巻きリールが一番トラブルにならなくて扱いやすい。

トラウトワン56SUL

これくらいの竿とスピニングリールのほうが初心者には扱いやすい場合が多い。女性や子供を連れて行く場合はこちらのトラウトワンシリーズがオススメです。
 
わかさぎ挑天

がまかつから発売されている手巻きリール竿で桟橋釣り〜ボート釣りまで幅広く使えるので初心者にオススメです。
 
ワカサギロッド プルル

とにかく安価で購入できるので始めての入門竿としてオススメかも。ただし、長くワカサギ釣りをしようと思う方にはあまりオススメしません。

ワカサギのボート釣りの仕掛け

ボートでのワカサギ釣りは当然ながらある程度の水深のポイントを狙うことが多くなります。しかも、時期的なことを考えるとワカサギが色々なタナ(層)に分布している時期でもあるので、広く探れるような仕掛けが良いとされています。

10〜15cm間隔でハリが10〜15本あるような仕掛けで幅広い層を狙えるような仕掛けがオススメです。
また、徐々に間隔が狭くなっていくような段差仕掛けなどもオススメです。

幹糸が0.5〜0.6号くらい、ハリスが0.3〜0.4号、ハリが袖か秋田キツネの1.5〜3号をメインに揃えておくと良いと思います。特に初心者では絡まったりして捨てることがありえますので、多めに用意しておくと良いと思います。
(現地で購入できるところもありますけどね。)

幹糸0.6号 ハリス0.4号
ハリ:袖2号

ワカサギの食いが立っていてよく当たるときはバラシが少ない袖タイプがオススメです。
 
幹糸0.6号 ハリス0.4号
ハリ秋田キツネ1.5号

なかなかワカサギのかかりが悪いときはこちらの秋田キツネタイプがオススメです。
 
ボート釣りの
基本的な考え方
時期的に活性が高い時期なので、どちらかというと袖タイプのハリ2号くらいで攻めると良いと思います。糸もハリも太めでも比較的食ってくる時期ですので、無理に細くする必要はないと思います。

ワカサギのボート釣りのちょっとしたコツ

上の項目でも紹介したようにこの時期のワカサギは幅広い層で泳いでいるので、場合によっては釣れるタナが絞りにくいことがあります。釣れる層を発見したとしても気温や天候などでそれが変わっていくことも十分あります。それに対応していくのがこの釣りの醍醐味でもあります。
仕掛けの項目でも少し紹介しましたが、針の多さと幅の広さをいかして釣ることが大切です。しかし、中層のワカサギは活発でタナが変わることも早いのでメインで狙うことは避けた方が良いと思います。基本は底付近〜中層までの間を狙うと釣りやすいです。釣れる層が見つかればタナ取りストッパーなどで幹糸を固定すると釣りやすくなります。
また、釣れないとついついボートなので移動したい気持ちになってきます。私も割と短気なので魚を追いかけたい気持ちになります。しかし、ワカサギはある程度の範囲を周期的に回遊していると言われていますので、ここは一つ我慢することが正解です。よほど周りで釣れているポイントがある場合以外は移動はやめておきましょう。