ワカサギの誘い方

ワカサギの誘い方

ワカサギ釣りではタナ取りも重要ですが、誘い方も重要なのです。基本の誘い方をいくつか覚えておくと、アタリがあるのにかからない時など色々と試す選択肢が増えることになり釣果アップにつなげられると思います。

ワカサギの基本の誘い方

そのポイントに行きなれている場合や、魚探をもっている場合や周囲の人が釣れている場合でタナが分かっているときはそのタナを狙うのが基本ですが、それ以外の場合、底を狙うのが常套手段です。その最初の誘い方となるのがこちらの誘い方です。

1.まずは底を取る!

まずはしっかり仕掛けを底まで落として着底させよう。底が分からないようであればオモリを少し重くした方が良いです。ドーム船などでは仕掛けが流されていると隣の人と仕掛けが絡まってしまいます。
 
2.底から少し上げる

底から5〜20センチ程度しゃくりあげる。この高さは水深やポイントの特性、その日の状況により変わります。穂先をピッピッと2回ほどしゃくりあげて誘いも兼ねながらするとGood!
 
3.仕掛けを止める

この状態で穂先の揺れや震えをしっかりと止め、仕掛け全体も止めるようにしてアタリを待つ。5秒くらい待ってアタリがなければさらに誘いをかけて待つ。この動作を繰り返し行います。

底を叩くワカサギの誘い方

オモリで底を叩いて、エサがここにあるぞー!と積極的に攻めるのがこの誘い方の特徴です。ワカサギのタナが底付近でアタリが比較的多いときに有効な誘い方です。ただし、ワカサギが神経質になっているようなポイントや状況では底を叩く行為が余計に魚を刺激してしまい、食わなくなることもあるので要注意です。

1.まずは底を取ろう!

まずはしっかり仕掛けを底まで落として着底させよう。底が分からないようであればオモリを少し重くした方が良いです。ドーム船などでは仕掛けが流されていると隣の人と仕掛けが絡まってしまいます。
 
2.オモリで底を叩く!

オモリを使って底を叩くように4〜5回動かします。そのまま止めてアタリを待つのもありですし、スッと10センチくらい上に上げて止めてみるのもおもしろいです。とにかくワカサギを飽きさせないことです。
 
3.仕掛けを止めて待つ

宙ぶらりんのままアタリをまってあたりが出なければゆっくり底に落としてみてそこでまたアタリを待ちます。アタリがなければ、底を4〜5回叩いて最初からやり直しですね。


オモリを2つ使って誘う(フカセ釣り)

エサをよりフワフワと動かし誘うことで釣る方法です。オモリを2つ付けてその2つのオモリの感触を使って誘う方法で重さの違いが分からなければ話になりません。ちょっとだけ初心者には難しいかもしれませんが慣れるとこれがまた面白いのです。

1.まずは底を取ろう!

まずは何はともあれ底を取ります。勢いよく底まで落とすと、上のガン玉オモリと下にある枝針が絡まってしまいますのでゆっくり落とすようにしましょう。
 
2.上のオモリを上下

下のオモリは底に着底させたまま、上のガン玉オモリのみを上下させて誘いをかけます。上下にふわふわとしたアクションをつけ誘うことができます。
 
3.真上にアワセる!

イメージとして10センチ前後くらいをフカセる(弛ませる)ような感じでガン玉オモリを上下させると良いです。アタリがあれば真上にあわせるのがコツです。