その他のワカサギ釣りの小道具類

ワカサギ釣りで必要な小物

ワカサギ釣りで必須の道具といえば竿、糸、針、エサと場合によってはリールです。しかし、これでははっきり言って釣りになりません。それ以外にも必要な小物はたくさんあるのです。そんな小物をこのページでは紹介していきます。

●ワカサギオモリ(長細い形状で沈下しやすい)
少し前まではワカサギ専用のオモリは実は存在していませんでした。他の釣り用のものを代用していることが当たり前だったのです。しかし、最近のワカサギブームのおかげか専用オモリが発売されています。以下に号数とg数を紹介してみます。
0.3号 - 約1g  0.4号 - 約1.5g  0.5号 - 約2g
大体ですが0.1号=0.5gです。

ドーム船や屋形船の場合
水深や風の強さでも多少影響されますが、安定していると考えるなら、0.5〜1.5号(2〜6g)くらいのオモリを使用します。
 
ボートの場合
ボートはドーム船などとは違い、船自体が揺れやすい傾向にあるので、やや重めのオモリを使用します。1.5〜3号(6〜12g)くらいが目安です。
 
穴釣りの場合
穴釣りでは繊細なアタリを拾えるようにかなり軽量のオモリが使用されます。大体0.3〜0.8号(1〜3g)のものを目安にしてください。

●ミチイト(ナイロンかフロロカーボンかPEライン)
ミチイトは可能であれば別に用意しておく方がいいと思います。オマツリしてしまったら替えのラインがあると思い切って捨ててしまうこともできるからです。
ナイロンラインやフロロカーボンラインなら0.6〜0.8号くらい、PEラインであれば0.2〜0.3号を用意するといいでしょう。ラインの長さは大体30メートルもあれば十分です。また、リールに巻くラインならタナが把握しやすいカラーリングされたラインもあるのでそれもオススメです。

●替え針(完成品仕掛けのスペアやオモリの下の底針として使用)
使用方法は上の()内に書いたとおりですが、何種類か用意しておくと無難です。ハリの形状は袖針と秋田キツネ針の2種類があり、それぞれ0.5〜2号サイズを、ハリスの太さは0.2〜0.4号の間であれば良いと思います。
状況に応じてハリのタイプやハリスの太さを替えられるようにしておくと有利に働くことはよくあります。備えあれば憂いなしです。

●ハリス止め(接続系小物)
個人的にはこのハリス止めは必需品だと思っています。ラインを何かと結ぶのは基本的に面倒だと思う人間だからです。できないわけではないのですが、ハリス止めで良いじゃん!って思うのです。ワカサギ用と書かれていればそれでいいですし、書いていない場合はとにかく小や小小など一番小さいサイズのものがぴったりですよ。

ワカサギ釣りで必要ではないがあったら便利な小物

●エサ入れ(想像以上に重要なアイテムかも)
ドーム船や屋形船など安定したところでの釣りでは必要ない場合も多いですが、ボート釣りや穴釣りのときにはエサ入れがあった方が良いこともあります。突然の風でエサが全部飛んでいってしまったなんて話も結構聞きますよ。プラスチック製のものでも良いですし、100円均一ショップの代用品でもいいと思います。使用するエサの数だけあればより便利です。

●穂先ケース
ワカサギ釣りをやっていると自然と替え穂先が増えてきます。裸にしてゴムバンドで止めているような方も結構見ますが、やはり破損防止のためにケースに入れたいところです。オススメはヘラ浮きのケースです。これは通販で買うよりも釣具屋さんで買ったほうが安いと思います。