ワカサギ専用竿について

ワカサギ専用電動リール竿

最近のワカサギ釣りで主流になりつつあるのがこちらの電動リール竿ではないでしょうか??今ではダイワやシマノといった大手メーカーからも発売されていて、ずいぶん手軽に購入できるようなイメージになりました。

基本的には電動リール竿は短竿モデルのものが多く、全体で50cm以下のものが多いです。昔は先調子のものが多かったようですが、今では様々な調子のものが販売されており、ワカサギ釣りの奥深さを知るきっかけになると思います。

また、電動リール竿は電動リールに備わった様々なトラブル防止機能やタナ取り機能などがあるため、初心者にオススメしたい竿になります。当サイトでは以下の電動リール竿をオススメしています。

クリスティアワカサギ
M-19


ダイワから発売されている電動リール竿(穂先)です。平均的な範囲を全てカバーしていますが、超軽量重りには対応していません。でも初心者には十分すぎるくらいです。
(お値段はこちら
 
クリスティアワカサギ
専用電動リール

こちらがクリスティア専用の電動リールです。両方セットのキット製品は右のものです。
(お値段はこちら
 
クリスティアワカサギ
専用電動リール

左の2つをセットにしたキットです。初心者が扱うにはこのキットが一番オススメだと思います。
(お値段はこちら
ワカサギマチック
システム穂先SHS03

シマノから発売されている穂先で、SHS03(またはSH03)が幅広い状況で使えて初心者にお勧めです。
 
ワカサギマチック DDM

ワカサギマチック DDMはワカサギマチックシステム穂先専用のワカサギ専用リールです。
 
個人的な感想
各通販ショップの在庫状況などからみて、シマノの竿は品薄傾向です。どうしてもほしい場合はすぐに買うべきだと思います。
この他にもK-ZANイエティ桐生技研のものもオススメです!

手巻きリール竿

電動リールが主流になりつつあるとはいえ、女性や子供の初心者の場合は電動リール竿よりも手巻きリールをつけた手巻きリール竿の方が扱いやすい場合があります。例えば管理釣り場でトラウトを狙うようなウルトラライトのルアーロッドなど方が扱いやすい初心者が多いです。(※例えばスーパーウルトラライトのトラウトロッドなら管理釣り場でも併用ができますからね。)

もちろん、手巻き竿は中級者やベテランの方にも根強い人気があります。特徴として、竿の長さが様々あり、ボート釣りから穴釣りまで幅広く対応できるというのがメリットだといえます。

クリスティアワカサギS
ダイワから発売されているクリスティアワカサギSという竿があるのですが、通販では各社品薄で売り切れ模様です。
欲しい方は見つけたらすぐに買うことをオススメします。
 
わかさぎ挑天

がまかつから発売されている手巻きリール竿で桟橋釣り〜ボート釣りまで幅広く使えるので初心者にオススメです。
 
ワカサギロッド プルル

とにかく安価で購入できるので始めての入門竿としてオススメかも。ただし、長くワカサギ釣りをしようと思う方にはあまりオススメしません。

手バネ竿について

こちらは初心者さんにはオススメしないタイプの竿です。ワカサギ釣りの醍醐味を味わえるのは手バネ竿ならではだと言えるのですが、手でラインを手繰ったりすることが多く、ある程度慣れがないと絡まりやすいと思います。

ベテランともなると、この竿以外のワカサギ釣りを認めないというツワモノもいらっしゃるくらいです。このレベルの方は当サイトを読む必要がまったくないと思います、笑。