ワカサギの仕掛けの選び方

ワカサギの仕掛けの選び方

ワカサギ用の仕掛けは基本的に完成品で良いと思います。よほどコダワリある釣り方であったり、狙いがある場合は別ですが、初心者の方なら特に完成品が良いと思います。

しかし、最近では完成品の仕掛けもたくさん販売されるようになってきました。自分が行くポイントに詳しい人(例えば釣具屋さんやボート屋さんなど)がいるならその方のオススメを購入するのが一番です。

このページでは初心者さんに分かるような基本的な選び方を紹介しています。

ボートでのワカサギ釣りの仕掛け

ボートでのワカサギ釣りは当然ながらある程度の水深のポイントを狙うことが多くなります。しかも、時期的なことを考えるとワカサギが色々なタナ(層)に分布している時期でもあるので、広く探れるような仕掛けが良いとされています。

10〜15cm間隔でハリが10〜15本あるような仕掛けで幅広い層を狙えるような仕掛けがオススメです。
また、徐々に間隔が狭くなっていくような段差仕掛けなどもオススメです。

幹糸が0.5〜0.6号くらい、ハリスが0.3〜0.4号、ハリが袖か秋田キツネの1.5〜3号をメインに揃えておくと良いと思います。特に初心者では絡まったりして捨てることがありえますので、多めに用意しておくと良いと思います。
(現地で購入できるところもありますけどね。)

幹糸0.6号 ハリス0.4号
ハリ:袖2号

ワカサギの食いが立っていてよく当たるときはバラシが少ない袖タイプがオススメです。
 
幹糸0.6号 ハリス0.4号
ハリ秋田キツネ1.5号

なかなかワカサギのかかりが悪いときはこちらの秋田キツネタイプがオススメです。
 
ボート釣りの
基本的な考え方
時期的に活性が高い時期なので、どちらかというと袖タイプのハリ2号くらいで攻めると良いと思います。糸もハリも太めでも比較的食ってくる時期ですので、無理に細くする必要はないと思います。

ドーム船や屋形船でのワカサギ釣りの仕掛け

ドーム船や屋形船でのワカサギ釣りのシーズンでは、多少天候などにも左右されますが、底付近のタナを狙うのが基本となります。ですので、上で紹介したボート釣りのように10本ものハリを用意する必要はありません。

10cm間隔で5〜7本程度のハリ数で底付近を探る釣り方になります。初心者が始めるのであれば、ハリ数は5本程度の少なめの方が絡まりにくいため良いと思います。

幹糸が0.2〜0.6号くらい、ハリスが0.2〜0.4号、ハリが袖か秋田キツネの1.5〜2.5号をメインに揃えておくと良いと思います。特に食いが良い場合は幹糸やハリスは太めで、逆に渋い状況では細く細くしていくのが基本となります。

幹糸0.4号 ハリス0.3号
ハリ:袖2号

アタリが多いときはバラシが少ない袖タイプがオススメです。
 
幹糸0.4号 ハリス0.3号
ハリ:秋田キツネ1.5号

アタリが少ないときはこちらの秋田キツネタイプがオススメです。
 
幹糸0.3号 ハリス0.2号
ハリ:秋田キツネ1.5号

こちらは7本ハリとややハリ数が多いタイプです。

穴釣りでのワカサギ釣りの仕掛け

穴釣りでのワカサギ釣りのシーズンでは、ほぼ完全に底を狙うのが基本となります。

10cm間隔で5〜7本程度のハリ数で底付近を徹底的に探る釣り方になります。初心者が始めるのであれば、ハリ数は5本程度の少なめの方が絡まりにくいため良いと思います。

幹糸が0.2〜0.3号くらい、ハリスが0.2〜0.25号、ハリは秋田キツネの1〜1.5号をメインになると思います。また、○○湖用仕掛け!などという商品があるならば、迷わずそれを選ぶべきだと思います。そのポイントごとの釣れ方やクセを織り込んだ仕掛けなので、失敗が少ない仕掛けといえます。

野尻湖用
 
相模湖用
 
山中湖用